検索画面に戻る
ミカン科 サンショウ属 フユザンショウ 別名:フダンザンショウ
Zanthoxylum armatum DC. var. subtrifoliatum (Franch.) Kitam.
[解説変更]
[記録追加]
検索画面へ
画像未登録 漢字名:冬山椒
形態:木・常緑
適地:日向 高さ:2m前後
単/複葉:羽状複葉 葉付き:互生

花期:4月~5月
 花色:系 
 花形:7枚以上

果期:8月~8月
 果色:青・黒


<名前の由来>
冬も葉が枯れないのでこの名

<見分け方>
サンショウ,イヌザンショウ,カラスザンショウ、はいずれも落葉樹だが、本種のみ常緑樹。
葉軸に翼があるのも本種のみ。


<解説>
サンショウと同様に、棘は対生で果実は2個に分果。

確認記録は1件です。
1月2月3月 4月5月6月 7月8月9月 10月11月12月
花の状態------------------------------------
葉の状態------------------------------------
日付:1990
場所:奥多摩
確認者:植物研究会会員
場所コメント:高尾自然科学博物館に植物標本所蔵
その他:1990年頃に資料をまとめたのでありそれ以前の長年に渡って集められた標本
Presented 845470 times since 2008/01/22  © Okutama Support Rangers 2008-2020 奥多摩サポートレンジャーのページ