検索画面に戻る
ツツジ科 スノキ属 ナツハゼ 別名:ヤマナスビ
Vaccinium oldhamii Miq.
[解説変更]
[記録追加]
検索画面へ
ナツハゼ 漢字名:夏櫨
形態:木・落葉
適地:日向 高さ:1m前後
単/複葉:単葉 葉付き:互生

花期:5月~6月
 花色:系 系 
 花形:鐘杯筒形

果期:8月~10月
 果色:青・黒

毒・薬・食:食用

<見分け方>
ウスノキと似て、花は白~緑の地にうっすらと赤っぽい部分が出る。ネジキは白。
果実はウスノキが赤なのに対して、黒。
葉はウスノキが細かい鋸歯があるのに対して、ナツハゼにはない。葉だけの時期はネジキと混同しやすいが、ナツハゼの方がざらついた感じがする。

<解説>
果実はブルーベリーに似ておいしい。

確認記録は3件です。
1月2月3月 4月5月6月 7月8月9月 10月11月12月
花の状態----------------実---実---------------
葉の状態------------------------------------
ナツハゼ 日付:2020/06/20
場所:青梅丘陵
状態:結実
確認者:RK
[変更]
ナツハゼ 日付:2014/07/27
場所:御岳山
状態:結実
確認者:SR/Tsuchiya
状態コメント:若い実です
[変更]
日付:1990
場所:奥多摩
確認者:植物研究会会員
場所コメント:高尾自然科学博物館に植物標本所蔵
その他:1990年頃に資料をまとめたのでありそれ以前の長年に渡って集められた標本
Presented 837083 times since 2008/01/22  © Okutama Support Rangers 2008-2020 奥多摩サポートレンジャーのページ