検索画面に戻る
ユキノシタ科 スグリ属 ザリコミ 
Ribes maximowiczianum Kom.
都:絶滅危惧ⅠA類(CR) [解説変更]
[記録追加]
検索画面へ
画像未登録 形態:木・落葉
適地:日向 高さ:1m前後
単/複葉:単葉 葉付き:互生

花期:5月~7月
 花色:系 
 花形:5枚

果期:8月~9月
 果色:


<名前の由来>
ザリは砂利地の意味、コミはグミの転じたものらしい。

<解説>
ザリコミの葉はカエデのように葉が裂けるけど、カエデの仲間は葉が対生なのに対し、ザリコミは葉が互生する。
また、細い幹が縦に裂けるのも目印の一つ。

確認記録は1件です。
1月2月3月 4月5月6月 7月8月9月 10月11月12月
花の状態------------------------------------
葉の状態------------------------------------
日付:1990月
場所:奥多摩
確認者:植物研究会会員
場所コメント:高尾自然科学博物館に植物標本所蔵
その他:1990年頃に資料をまとめたのでありそれ以前の長年に渡って集められた標本
Presented 845460 times since 2008/01/22  © Okutama Support Rangers 2008-2020 奥多摩サポートレンジャーのページ